*鹿田五十鈴の書いた本の情報はこちら
 
 

私は書作品として発表する時は、漢字を基にしていますが、
文字から離れて自由に描いています。
素材は、墨と和紙、それに毛筆や刷毛を使用しています。
墨のにじみやかすれ、余白の美を求めて書いているうちに、絵に近づいていきます。
その制作過程で、
私の心象が薄い白い紙に写し出されるようでとても面白いのです。

日記を書くように毎日、一、二点ずつ完成させていきます。
昨日の作と今日のとでは、違ったものが表現されています。
昨日の続きではない、今日一日の私をそこに発見します。

私の作品が見てくださる人の間にかけられた心の架け橋になればうれしいです。

 
 
 
トップページ
ご挨拶
花文字教室ご案内
作品集